バルセロナからスカウトされた滋賀の天才サッカー少年は和製メッシ

いやいや日本にもすごい逸材がいるものですね。サッカーボールが足に吸い付いているというか、ボールの扱いがとても上手です。

この動画は少年サッカークラブ「アズー滋賀FC」でプレーする大津市立堅田小の、中井卓大君というサッカー少年のようですね。


あのバルセロナFCが注目しているというからスケールが違います。日本の今までの指導ではパスを教えていたのですが、最近はパスは一切教えないでドリブルや個人技を徹底的に鍛えるという指導が増えてきているようです。

昔なら組織プレー重視ということで個人技に走る選手は要らないという風潮がありました。

でも、個人の技術レベルが低ければ、どんなにパスがうまくてもどれだけ連携化を図っても世界では通用しないことがはっきりしたので、クラブチームでは個人技を鍛える指導方針に切り替わってきていたのでしょう。

要するに、選手の才能の問題ではなく、指導者の考え方や指導法がこういった天才プレイヤーの出現を妨げていたということかもしれませんね。

それにしても今後が楽しみな選手です。



http://www.youtube.com/watch?v=qj5a5Kpf6Os

0 件のコメント :