機動戦士ガンダム木馬の軌跡のレビュー

ゲームの特徴など


全ステージ数19、原作に沿ったストーリー展開です。ただし、原作と同じシチュエーションで戦わなかったのでリュウ・ホセイやマチルダ中尉、スレッガー中尉が生き残りました。

シャアが専用リックドムに乗ったり、ジオングが出てこなかったりと原作とは異なる展開に分岐したり細かいところで原作とは違う展開が見られます。


戦闘システムは局地戦だと支援戦闘機による航空支援や戦艦の対MS戦闘などはギレンの野望よりもMSの動きや戦艦の対空機銃など細かい演出がでていて良かったですね。

あとはマップを偵察機を飛ばしておかないと敵が突然現れて、攻撃を受けるなどリアルタイムシュミレーションゲームっぽさがでてましたね。

しかし、リアルタイムシュミレーションでありながら全体マップでの戦闘だとダメージがほとんど与えられずゲームの進行を早めるために局地戦がメインになってしまってるのが欠点かもしれません。

おそらく初心者でも遊べるようにするために局地戦の方がダメージが出るようにしたのでしょうが、難しいところですね。

ステージによっては浮遊機雷やメガ粒子砲台が出てきてホワイトベースにダメージを与える要素など、面白い仕掛けがあったり、戦闘シーンもいろいろモビルスーツによって細かい動きがあってこのあたりは素直に感動しましたね。

イベントムービーなどビジュアル面では素晴らしいですね。あとは原作のBGMを使ったりと


総評

リアルタイムシュミレーションを1年戦争で再現したという野心作なのですが、開発時間や予算の関係だと思われますが、荒削りですね。制作陣はよく頑張っていると思いますが、物足りなさはあります。ゲーム専門誌での評価は見てなかったので先入観無しにプレイしましたが、ゲーム後半に進むほどステージをクリアするのに時間がかかります。1時間~2時間はかかるステージもあります。

時間のないプレイヤーにとってはしんどいでしょうね。ただ、ゲーム途中で記録することはできるので、すき間時間で遊ぶことも可能です。


一番の問題は一度クリアした後にやりこみ要素がなかった点ですね。だから、一度クリアするともうやることがないです。

もし、ジオン編でプレイできたならかなり評価が違ったのではないでしょうか?あと登場するMSの数が少なかった点ですね。G-3ガンダムが最強ユニットでジムは2種類のみ(しかも色違い)だったのも残念。でも、これは予算の問題もあるので開発陣ばかりを責めるのは酷なような気もします。





0 件のコメント :