宇宙戦艦ヤマト2199のコスモファルコンの設定がミリタリーマニア泣かせ

 劇場で公開された後テレビシリーズが放映される宇宙戦艦ヤマト2199ですが、戦闘機の名称が変更されています。前作ではヤマトの艦載機はブラックタイガーでしたが、 99式空間艦上戦闘機 コスモファルコン へと変更されました。

99式は旧海軍の艦上爆撃機、ファルコン(ハヤブサ)は陸軍の戦闘機、キ43 一式戦闘機 「隼」とこの2種類を混ぜて作ったようです。設定を考えた人は結構マニアックですね。

戦闘攻撃機に分類されており、対艦攻撃能力を持っているのはブラックタイガーと同じです。

旧作のブラックタイガーが黄色と黒の文字通りの虎の模様だったのに対して現代の戦闘機をベースにしたカラーリングになっています。

性能諸元全長:15.9m武装:機銃×2、機関砲×6、対地、対空、対艦ミサイル(機体下部兵装ベイ)

さて戦闘シーンのBGMも旧作をベースにしているのか、それとも完全新作なのか気になります。

0 件のコメント :