マクロス30の感想を書いてみた

ストーリー

オリジナルキャラを中心に歴代マクロスのキャラクターがクロスオーバーする本作品の世界観はマクロスフロンティアの時代設定を生かしつつ、マクロスゼロのマヤン島のようなマップが組み合わさっています。

古代文明の遺跡の力によって歴代マクロスの歌姫(バサラはどうなんだろ)が時空を超えて呼び集められてくるという設定です。戦闘機も初代マクロスからマクロスFまでバルキリーはかなりの種類が出ます。

まだ中盤までしかプレイしていませんが、マクロスファンなら楽しめるのでは?

操作性


エースコンバットとアーマードコアをプレイしたことがある人にとってはそれほど難しくはないかもしれません。

エースコンバットをプレイした人からすれば物足りなさを感じるでしょう。まだまだ改善のよりはあると思います。

ハードモードでプレイしてますが岩に激突してもダメージを受けることはないので結構楽かも?

チュートリアルもあるので操作もそのうち慣れると思います。PSP版のボタン設定もあるので前作からのファンも大丈夫でしょう。

総評

バルキリーに乗りながらワールドマップを移動して敵を倒したりアイテム集めなどまさにRPGとシューティングがミックスされたゲームとなっています。

操作のカスタマイズができない点などアップデートで改善してほしいところもかなりありますが、良作の部類に入ると思います。

ローディングが長いのが玉にキズですね。バルキリーを開発して強化していくのが楽しいですね。

序盤はしんどいですが、機体を強化して操作になれると戦闘が楽しくなります。広い大空を自由自在にバルキリーで飛び回るのは楽しいですね。

コックピット視点もあると良かったかもしれませんね。次回作で検討して欲しいですね。

0 件のコメント :