MG RX-93 νガンダムVer.kaのジオラマ




機体解説(wikiより)
「シャアの反乱」に対処するべく再編された外郭部隊ロンド・ベルのMS部隊隊長アムロ・レイが、自身の専用機として設計した機体。

製造はアナハイム・エレクトロニクス社のフォン・ブラウン工場が担当し、3ヶ月という短期間で完成に漕ぎつけた。

開発自体はアナハイム社が独自に進めていたが、ロンド・ベルへの配備が決定したことを受け、アムロによる基礎設計の修正を経て完成したとも言われている。アナハイム社製MSの中では、当初
より特定個人の専用機として開発された機体は本機のみである(劇場版『機動戦士Ζガンダム』の漫画版ではΖガンダムはカミーユの専用機として作られたとされているが、公式設定かどうかは不明)。
設計はガンダムからΖΖガンダムまでの歴代ガンダムタイプのスペックの平均値を基に、当時の最先端技術を導入して能力をアップデートする形で行われた。また、アムロが少年期より長年培ってきたMSパイロットとしての経験も反映されている。機体名はアナハイム社製ガンダムの11番目の開発コードνから名付けられた。開発担当者はオクトバー・サラン。
 
MSとしての基本性能、汎用性はもちろん、運用面も重視した設計が行われている。戦闘が長期化した場合を考慮して信頼性と耐久性を重視し、サイコミュ関係の一部を除いてなるべく連邦軍の規格を採用し、調達が容易な素材や部品を用いるよう心掛けられている。部品流用が行われた背景には、短期間で完成させるために専用部品をなるべく減らさなければならなかった事情も含まれている。
 
アナハイム社が培ってきたMS技術も積極的に利用されており、機体に用いる部材はΖ系MSのものを使用。センサー類にはインコムやバイオセンサーの技術をスピンオフして用いている。さらに、整備や実戦データのフィードバックによる改修が容易に行えるよう、各部を可能な限りユニット化し、内装火器を極力減らすことで構造に余裕を持たせている。

これにより本機は宇宙世紀0093年における最強クラスの性能を誇るMSでありながら、実用兵器としての信頼性も兼ね備えたバランスの良い機体として完成した。
 
本機は機動歩兵というMSの原点に回帰した機体であると同時にNT専用機であり、ガンダムタイプの主力MSで初めてファンネルを装備した機体でもある。バックパックの左側に新規設計の専用サイコミュ兵器フィン・ファンネルを装備する。ファンネルの装備や分離により機体の慣性重心が動きバランスが崩れることを考慮し、重心移動に対応した機体管制プログラムも新たに開発されている。
 
目立って大型のスラスターは装備されていないが、個々の出力の強化や全身にサブスラスター、マイクロスラスターを装備することにより高い機動性を発揮する。内装火器の省略による軽量化などの要素もあり、運動性の高い機体へと仕上がった。

敵機に対しより素早い対応ができるよう、相手の脳波をサイコミュで強化し受信する、というアムロのアイデアにより、コクピットシート後方にサイコミュ受信パックを備える他、コクピットの周囲や駆動系にサイコフレームを使用してサイコミュの小型化・感応度の向上が図られ、機体の追従性、並びに運動性の向上にも大きな貢献を果たしている。

機体構造が単純化された分、各部の耐久性も高く、実戦でサザビーを拳打の応酬の末に
行動不能にした後も、掌部分の可動は損なわれなかった。
 
νガンダムに採用されたサイコフレームは、アムロと同等性能のMSに搭乗して決着をつけることを望んだシャアによってアナハイム社へ意図的に横流しされたもので、当初は装備されていなかった。このサイコフレーム採用により機体重量は3kg減少している。アムロにはアナハイム社の材料開発部門が独自開発したものであると説明されたが、後にオクトバーの手紙によりネオ・ジオンより入ってきた技術であることがチェーン・アギに伝えられる。
このサイコフレームには未知の部分が多く、本機が小惑星アクシズ落下阻止を試みた際には、MS内部のサイコフレームがアムロの意思に応えるかの如く、機体から溢れるほどの虹色の光を放ち、地球の重力に引きずられていた小惑星を押し戻すほどのサイコ・フィールドを生み出すという奇跡を見せている。

0 件のコメント :