PS3ガンダム外伝ミッシングリンクに「ブルー」「コロ落ち」など5作品が完全リメイクで復活!

セガサターン版ガンダム外伝ブルーディスティニーを始めなんと外伝5作品が完全リメイクされてPS3で出ることが確定しました。

ネット上ではすでに情報が出回っていましたが、公式サイトでついにその全貌が明らかになりました。

ミッシングリンク以外に収録されるのは以下の5作品です。懐かしいタイトルばかりですね~。

・機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY

このPVを見て思わず「おお~」と声が出てしまいました。このゲーム買いですね^^まさに蒼い死神ブルーディスティニーです。冒頭のBGMの出来もいいです!ちなみに今回は主人公のユウ・カジマもしゃべります。ユウ・カジマはシミュレーションとはいえ一年戦争時のアムロ・レイに勝利したという設定でしたね~。懐かしいです。



PV見た感じですが、PS3のバトオペをベースにしているみたいですね~。

 機動戦士ガンダム サイドストーリーズ Limited Edition (初回封入特典 豪華4大特典コード同梱)

セガサターン版と比較してみます。グラフィックはPS3のほうが上ですが、当時としては画期的なコックピット視点のゲームでした。この臨場感はすごい!リメイク版でもコックピット視点あるといいのですけどね。気になります。


・機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…

ブルーに続く2作目となった作品です。格段にグラフィックが向上しています。感激ですね。ちなみにこれはセガサターン版なのでPS3版はどうなっているのか楽しみですね~。

この作品は一年戦争のオーストラリア大陸を舞台にしています。ジムからジムスナイパーⅡまでとにかくジムが活躍するゲームです。

・ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079

PS2初のガンダム外伝の作品です。従来の常識を覆すリアルタイムストラテジーのゲームでした。わかりやすくいうとガンダム版メタルギアソリッドという感じですね。

とにかく敵に発見されないようにすることと、敵が油断しているところを攻撃するのが基本でした。敵に発見されるとすぐやられましたね。相手がアムロのガンダムだったときは恐怖の一言。ジオン視点でのガンダムの強さがよくわかるゲームでした。

移動ルートや装備の変更などモビルスーツの操作よりも判断力や位置取りが重要なゲームでしたね~。頭を使うゲームでした。そうえいばキャノン搭載型のガンダム6号機マドロックが初めて登場したのもこの作品でした。

PS3ではアクションゲームとして復活するようです。少し残念。



・機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles



PS2版最初のアクションゲーム外伝です。いまとなっては遊べる内容ではないですね。セガサターン版のほうがはるかに遊べると思います。

味方機との連携要素を取り入れた初のアクションゲーム。でもジオニックフロントのほうがグラフィック的にもシステム的にも上ですね。PS3版ではどう生まれ変わるのかお手並み拝見といったところです。


・機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…



この作品はPS2のゲームになります。内容は1年戦争末期の宇宙での戦いを描いた作品です。ガンダム4号機・5号機が強すぎます。同時期のアムロの2号機よりも装備といい機動力といい格段に上ですね~。

はじめて本格的な宇宙空間戦闘を取り入れた作品ですが、アクションゲームというよりはシューティング要素が強いので過去の外伝とはだいぶ異なりますね~。オペレーターにタレントの釈由美子を抜擢したことで話題になったような?

0 件のコメント :