world of warships動画まとめ:艦これの提督たちも注目すべき海外の無料海戦ゲーム

第2次世界大戦の戦車ゲームWOTで有名なベラルーシのWargaming.netが現在開発中のworld of warships(ワールドウォーシップス)の動画が公開されました。

戦艦大好きな人はもちろん、艦これファンも結構ハマるかもしれませんね。

正式サービスは2015年位になりそうですが、今から楽しみです。

下の動画αテストに参加している外人プレイヤーのゲーム動画です。4連装の主砲からおそらくイギリスのプリンスオブウェールズがキングジョージ5世と思われます。

日本海軍の扶桑との戦艦同士の砲撃戦がすごい迫力です。CGのレベルが高いですね。主砲を発射した時の火炎や着弾した時の水しぶきがリアルです。

敵味方合わせて8隻の戦艦が艦列を並べて撃ちあうシーンは感動モノですね。しかも、これで基本無料ですからね。

日本のオンラインゲームだと基本無料と行っておきながら課金しないとまともにプレイできないような仕様になりますが、海外ゲームだとそんなことはしません。英語圏はゲーム人口が多いので課金プレイヤーの割合が少なくても十分利益がでるのでしょうね。



次の動画はドイツ戦艦ビスマルクです。乗組員は部署ごとに分かれていて合計6人いるようです。艦長、副長、砲術長、機関長、航海長、通信使という感じですかね?

甲板には乗員の姿も見えます。かなり細かいところまでCGで作っていますね。波しぶきがリアルです。



3つ目はアメリカ戦艦サウスダコタの動画です。相手は日本海軍の扶桑級戦艦です。注目したいのは途中から魚雷艇でのプレイに切り替わった場面です。日本海軍の駆逐艦峰風や吹雪に魚雷艇で挑むのは無茶と思いますが、見事撃沈してしまいました。上空には航空機もいるのでもしかしたら航空機モードもあるかもしれません。



4つ目の動画は開発者インタビューです。登場するのは戦艦、空母、巡洋艦、駆逐艦の4種で、潜水艦は登場しないとのことです。砲撃戦、雷撃戦、航空機による攻撃が同時に行われるためかなり頭を使うゲームになりそうです。敵味方の戦力や配置など考慮する必要があるということでしょう。

現存する第2次大戦の軍艦を何度も乗り込んで調査をしたのでかなりリアルなCGができたということです。



5つ目はお蔵入りとなった潜水艦と戦艦大和の動画です。ドイツのUボートや日本のイ号潜水艦が出ないのは艦これファンにとっても残念なお知らせです。

戦艦大和がミッドウェー海戦でアメリカ海軍機動部隊の空母ホーネットを砲撃するという旧海軍のおじいちゃんたちが見たら興奮間違いないシーンです。やはり大和はカッコいい!この動画を艦これファンが見たらほぼ間違いなくworld of warshipsをプレイする決心をするでしょう。


0 件のコメント :